いつもよりワントーン明るい透明肌を作るベースメイク

ビューティー

透明感の溢れる素肌のような肌は、作っている感がなく魅力的ですよね。最近は、オルチャンメイクやおフェロ顔といった透明感のあるナチュラルなメイクが主流。流行にのりおくれないためにも、透明肌の作り方を知っておきたいものです。今回は、難しいテクニックが必要ない透明肌を作れるベースメイクについて紹介します。

1.ピンク色のベースが決め手

いつもの肌をワントーン明るくするには、ピンク色の下地がおすすめ。ピンク色の下地を取り入れることによって、お肌の血色が良く見え、透明感の溢れる肌になります。さらに、ピンク色の下地は肌のくすみにも効果的。ピンク色などの暖色系の色は肌のくすみを目立たなくさせる作用があるからです。特に可愛い系のメイクをする方は、ピンクの下地を選ぶとメイク映えします。

出典:www.amazon.co.jp

2.パープル系の下地も透明肌にはもってこい

中にはピンク色はちょっとと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?ピンク色の下地になかなか手が出せない方におすすめなのが、パープル系の化粧下地です。パープル系の下地はくすみをとり透明を手に入れられるほか、ピンク系の下地と比べてよりエレガントな仕上がりになります。また、肌の黄みをカバーしてくれるので、肌が黄色よりの方にもおすすめです。

3.ナチュラル透明肌にはccクリーム

ccクリームは、カラーコントロールクリームの略。ccクリームは、シミや小じわなどの肌の悩みをしっかりとカバーし、肌の色をワントーン明るくしてくれる日焼け止めや美容液の効果も満たすオールインワンのクリームです。化粧下地としてもファンデーションとしても活用できます。自然な仕上がりになるので、ナチュラルメイクなどにもおすすめです。

まとめ

ハイライトやテクニックが必要なメイクをする前に、ベースメイクを変えて透明肌を作ってみませんか。ベースの色などを変えるだけで、お肌の色はワントーン明るくすることができます。さらに、自分のメイクの系統に合わせて下地を変えることによって、より魅力的な透明肌に仕上げることが可能です。透明肌を作る際は、是非化粧下地やccクリームを活用してみてください。

Rapis編集部

150,615 views

綺麗になりたい女性を応援するRapis編集部。 女性の知りたい、役に立つ情報をお届けします!

プロフィール

関連記事一覧