逆効果だった!?化粧品のNGな使い方

ビューティー

普段化粧品をどのくらい正しく使用できていますか。間違った使い方を続けてしまうと効果が得られない他、肌が大変な事態に陥ることもあります。手遅れになる前に、正しい使い方を身につけて効果的に化粧品を使いましょう。

1.保管方法を間違うと肌荒れの原因になるかも!?

化粧品の保管はどのようにしていますか。直射日光や高温の場所に化粧品を置いていたり、ふたをしっかりと閉めずに放置したりしていると化粧品が雑菌のエサに。化粧品内に雑菌が繁殖してしまい、スキンケアどころか肌荒れの原因になってしまいます。しっかりとふたを閉めて直射日光の当たらない場所に保管することが大切です。また、一度出したものを容器に戻すようなことも雑菌の元になるので止めましょう。

2.化粧品の使用期限を知っていますか?

化粧品の多くは使用期限が記載されていません。しかし、化粧品にも使用期限の目安はあります。開封した化粧品は、どんどん酸化が進んでしまうので、開封したら早めに使い切ることが大切です。去年の化粧水や日焼け止めを使用するのは避けた方が良さそうですね。また、未開封の化粧品にも注意。できるだけ3年以内に使い切るようにしましょう。

3.肌はデリケート!肌への摩擦は厳禁


洗顔をする際にゴシゴシと擦ったり、化粧水などを塗る際にこするように塗ったりはしていませんか。肌への摩擦は肌に負担を与えるだけでなく、しみやしわの原因なります。せっかくのスキンケアも台無しです。スキンケア時もメイクアップ時もできるだけ肌を擦らないようにすることが大切です。洗顔をするときは優しく、メイクやスキンケアのときは叩くように馴染ませて使用するようにしましょう。

4.美白化粧品は使い方を間違えると逆効果!

シミなどに効果のある美白化粧品。しかし、使い方を間違えると肌がぼろぼろになってしまいます。まず、シミを解消したいのであれば、日焼けの後すぐに使うのはNGです。日焼けした状態というのは、軽いやけどをおった状態と同じ。やけど状態で化粧品を使用してしまうと、刺激が強く肌荒れの原因となってしまいます。日焼けしてしまった場合は、少なくとも1週間の期間を開けて美白化粧品を使用するようにしましょう。また、美白化粧品の美白効果を得るためには、化粧品に記載されている使用量や使用方法をしっかり守ることも大切。少量使いや間違った使い方ではしっかりとした効果は得られません。

5.保湿化粧品を正しく使ってしっかり保湿しよう


保湿は乾燥肌でも脂性肌でも大切です。脂性肌なので保湿をしないと言うのは間違っています。ただし保湿の方法が問題。乾燥肌であればホホバオイルなどのオイル系の保湿で大丈夫ですが、脂性肌には逆効果。脂肌はジェルや乳液で保湿することが大切です。保湿化粧品の選び方を間違えて自分に合わない化粧品を使用し続けてしまうと、肌荒れの原因になってしまいます。

Rapis編集部

29,282 views

綺麗になりたい女性を応援するRapis編集部。 女性の知りたい、役に立つ情報をお届けします!

プロフィール

関連記事一覧