美肌の掟3つ!

スキンケア

誰もが美肌を手にするため、日々努力しています。努力しているのに成果が出ないあなた、NGな方法を行っていませんか?今回は、私たちがついやりがちなNG習慣と共に美肌の掟をご紹介いたします。

gazou 85

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/


【1】肌は絶対にこすらない

gazou 86

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/

一生懸命メイクをしていると、つい力が入ってしまうものです。でも、メイクのとき力みすぎてはいけません。わたしたちは日々、アイシャドウやアイライン、チークなど筆や指の腹で肌をこすっていますよね。下地や日焼け止めを付けるときはどのようにつけていますか?うまく延ばすことばかりを考え、力を加えすぎてはいけないのです。

では、それはなぜなのでしょう?実は、強い刺激が肌に加わると「悪玉活性酸素」というものが発生してしまうのです。これはシミの原因になることはもちろん、皮膚がよれて、しわやたるみにもなりかねません。何十年も同じ場所に下着を着用していると、あとが残り黒ずんでしまうことってありますよね。

これは肌に強い刺激がかかっている証拠です。これと同様のことが顔にも起こる可能性があるのです。なお、洗顔の際は泡立てネットを使うことをお勧めします。泡立てることで肌への刺激が和らぐのです。化粧水も、顔をたたくようにつけてはダメ。じんわりと包み込むようにしましょうね。


【2】紫外線・ブルーライトを浴びない

gazou 87

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/

日ごろから、日焼け止めを付ける習慣のある方も多いのではないでしょうか?そんな方でも日焼けを防ぐべき理由を、正確には知らないかもしれません。日焼け止めは、単に肌を白く保つためだけのものではありません。紫外線に当たると、肌がたるんだりシミが出来たりするようになってしまうのです。これは、紫外線がコラーゲンを攻撃することが原因。コラーゲンが酸化し、水分が奪われてしまうというわけです。なお、シミは肌をこするとさらに濃くなっていきます。注意が必要だといえるでしょう。

また、紫外線は目から入ってくることがわかっています。実は、眼球も紫外線でたるむといわれています。こうなると目が乾燥したり痛んだりする原因になるのです。

紫外線だけでなくブルーライトにも気を付けましょう。これは、パソコンやスマートフォンから出ている光です。これは、ホルモンバランスをくずす要因だと言われているのです。サングラスなどで、目を保護することをお勧めします。


【3】髪をあてない

gazou 88

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/

意外に思う方も多いでしょうが、肌にとって髪が触れるのはよくありません。理由は2つあります。まず、髪についている汚れです。肌に悪影響だといえます。また、髪にとってはいいヘアオイルですが、顔に付けるべきではないですよね。

次に、髪を下ろしていると肌をこすることになってしまいます。肌はとても繊細なものです。髪のような刺激も控えた方がいえます。やはり、美肌をキープしたい方は家の中では髪をまとめあげるように心がけましょう。ボブやショートカットでも、耳にかけないと頬に髪が触れることになると思います。ヘアピンやヘアバンドを使ってください。

また、前髪は極力作ることを控えると良いですね。とはいえ、おしゃれを楽しみたいという方も多いはず。そんな方は、髪と肌どちらについても大丈夫なオイルを使うといいですよ。良質なオリーブオイルやごま油はその一例。ごま油も、良質な物なら独特の香りもほぼないのです。ぜひ使ってみてください。


まとめ

いかがでしたか?美肌作りは日々の努力の積み重ね。ほんの少しの意識で美肌を手に入れる事が出来るのです。みなさんも是非お試しあれ。


Rapis編集部

20,432 views

綺麗になりたい女性を応援するRapis編集部。 女性の知りたい、役に立つ情報をお届けします!

プロフィール

関連記事一覧