秋色メイクのその前に!しっかり素肌を整えて!

スキンケア

夏の楽しい遊び三昧で「シミができちゃった…」「そばかすが…」等と悩んでいる人はいませんか?
いくらメイクで誤魔化そうとしても「素の肌」が健康でないとメイクのノリも悪くなり、気付いたら「厚塗りメイク」になっていた…なんて事も…。
まずは「基礎化粧品でしっかり素肌を元気にする」事から始めて下さいね♪

1.《基本は「何も塗っていない肌」に戻す事!》

出典:www.amazon.co.jp

毎日のメイクでお肌が荒れてしまっている人は、肌に栄養を与える前に“美容成分をしっかり吸収出来る肌にする事”が第一です。
今はクレンジングや洗顔料の中に「保湿成分配合」等の便利ケア用品もありますが、一番大切なのは「肌についた汚れを落とすこと」です。

口コミで話題の「白雪の詩」と言う無添加石鹸をご存知ですか?
植物油のみで作られていて台所用石鹸としても衣料用としても使えますが、その洗浄力はピカイチ!顔から身体までこれ1つでOKと言う優れモノです。
(小さいお子さんは「髪も洗える」と言う口コミを見たので試してみたら…縮毛矯正をしている筆者の髪はパーマ液まで落ちてゴワゴワになってしまい慌てるほどでした…)

180gの大きな石鹸2個セットで1パック、ドラッグストア等でも300円程度で売っているので手軽に買えます。(天然素材なため減りは早いです)
ネットを使ってしっかり泡立て優しく撫でるように洗顔するだけで…「顔の角質(いわゆる“垢”です…)まで」取れてきます(少しショックを受ける程です…)。

洗顔後はしっかり泡を落として下さい。その際にシャワーの水圧は強すぎるので「洗面器に溜めたお湯を手ですくって優しく流す」ようにして下さいね。
「本当のすっぴん」になってしまうので「10分以内にその後のケア」をする事が必要ですから(余計な油分も全て落とすので)「次のケア」がすぐ出来るようにシャワーを浴びたり入浴時に使う場合は最後に使用するのがオススメです。

2.《質より量!勿体ながらずにしっかり水分補給!》

全ての汚れを落としたらまずは素肌に「水分を沢山与えてあげる」事が大切です。
水分が不足して乾燥した肌は年齢より老けて見えやすくなります。

「プチプラでいい」ので“自分の肌に合った化粧水”をコットンでも直接手にとってでも、アナタのやりやすい方法で沢山染み込ませてあげましょう。(トントン、と軽く叩きこむのが良いです)
しっかり水分を吸収した肌はまるでCMのように「本当に手に吸い付いて来る」んですよ!
「中々そこまでの時間が取れない…」という方は出来る日だけでも良いのでそこまで水分補給してみて下さい。本当にビックリする程に肌の触り心地が変わります!

3.《水分を逃さない!保湿クリームで「蓋」をする!》

最低限「水分の補給」までしてしまえば後は「水分を肌から逃がさないように」保湿するだけ。
肌のタイプや好みによって「乳液で充分」という人もいれば「乳液は苦手、専用の保湿クリームを使う」「オールインワンタイプで締める」「やっぱり美容液最強!」等どんな方法でも構いません。

「肌から水分が逃げ出さないように」しっかり「蓋」をして、質の良い睡眠を取れば1週間程度でメイクのノリが変わってくるのを実感できますよ!

《たまの贅沢?もプチプラで出来ちゃう♪》

以上が「毎日の理想的なスキンケア」ですが「たまにはちょっと贅沢に…」と言う時に便利なのが「100均で売っているフェイスマスク」です。

コットンにいつもの化粧水をたっぷりつけて顔に乗せておくのでも良いのですが、動くとポロポロ落ちてきてしまうのが困りもの…。
その点100均のフェイスマスクは「化繊や紙をフェイスパックの形」にして売っているので一度顔に乗せてしまえば落ちてくる心配もありません。

乾けば自然ととれてくるし(乗せたまま眠るのは厳禁!その後の保湿も必要ですから…)大抵「5個セット」等で売っているのでお手軽にスペシャルケアできちゃいますね♪
普段使い慣れない高級な化粧水や美容液を使ってもし肌に合わずに肌荒れをしてしまうよりもずっと安心、且つプチプラと言うのに魅力を感じませんか?週1~2回を限度に試してみて下さい。

デートの前日や休日の前夜に、好きな音楽を聞いたりアロマを炊いたりしてリラックスしながら「贅沢な時間」を過ごしてキレイになっちゃいましょ♪

Rapis編集部

67,936 views

綺麗になりたい女性を応援するRapis編集部。 女性の知りたい、役に立つ情報をお届けします!

プロフィール

関連記事一覧