《髪は女子の命!毎日のお手入れで目指せ「ツヤフワ髪美人」♪》

ヘアスタイル

5月頃から紫外線は強くなってきて夏の日差しで肌だけではなく髪の毛もダメージを受けています。
特に海やプールに行った人は反射光や潮焼けもしていてお困りではないですか?
「サラサラの黒髪が自慢だったのに傷んで赤茶けてしまった…」「ブリーチで弱ってた髪に更に切れ毛が目立つ…」
そんな人は「毎日のヘアケア」でじっくりしっかり髪を元気にしてあげましょう♪

1.《基本は「湯シャン」?“汚れを落とす”が大前提!》

数年前から話題になっている「湯シャン=お湯だけシャンプー」。
文字通り「シャンプー等の洗髪剤を使わずに汚れを落とす」方法です。“タモリ式入浴法”と併せて(身体を洗う時も石鹸類は使わない)有名人にもかなりの実践者がいるようです。(福山雅治さんやモデルの梨花さん等の名前があがっています)
殆どの洗浄剤に入っている「界面活性剤(商品には“ラウレス~”」等の成分名でしか記載されていません)」は必要以上に皮脂を落としすぎています。その為最近は“汚れを取り過ぎて身体にある本来のバリア機能が低下している”のですが、それを本来のレベルに戻す事が出来るそうです。(直ぐには効果は出ません。最低1ヶ月、遅い人で半年という話も…)
「お湯で流すだけで(入浴法の場合は10分間湯船につかるだけで)汚れの8割は落とせる」そうですが、実践するには中々勇気が必要ですよね…
「私の髪は傷んでないから試してみたい!」という人は実践方法の詳細がWebサイト上に沢山掲載されているので試してみて下さい。

2.《湯シャンはハードルが高い…「洗い方」を変えてみましょう!》

出典:https://youqueen.com/beauty/hair/sulfates-in-shampoo-good-or-bad/

「既に傷んでしまっている髪」には湯シャンは少し酷なので“今一般的に良いと言われている洗髪方法”をご紹介します。
*洗髪前にブラッシングし、余分な埃を落とす
*ぬるめのお湯で髪の毛部分(頭皮以外)をゆっくりと洗い流す
*少し熱めのお湯にして頭皮部分によくお湯をしみ渡らせてから指の腹で優しくマッサージするようにこする(頭皮の毛穴に詰まった皮脂を落とすため)
*シャンプーを洗顔用の泡立てネットで泡立ててから髪の毛部分を洗う→すすぐ
*同様に泡立てたシャンプーで頭皮部分も優しく洗う→すすぐ
*「普段すすいでいるのはこのくらいの時間」と思ったら“あと1回!全体的”にすすぐ
*コンディショナーや洗い流すトリートメントを「髪の毛部分」に伸ばし、よくすすぐ
(それ程傷みの酷くないない人はコンディショナーで充分ですがかなり傷んでいる人はトリートメントの使用が良いようです)
髪の毛や頭皮のケアについては男女問わず皆が気にしている事なので、日々新しい方法が研究されています。
今の所上記が“髪と頭皮に優しい洗い方”と言われていますが今後「もっと違う方法」が編み出されるかもしれませんので、気になる方はコマメに美容情報をチェックして下さいね。

3.《タオルドライのみはNG!しっかり乾かして!!》

洗髪後、ドライヤーを使わずにそのまま自然乾燥している方、特に夜シャンでソレをしてはいけません!“半乾きの髪”は実は一番「弱い」んです。
そのまま眠ってしまっては寝返りをうつたびに髪に摩擦等の負担がかかり余計に傷んでしまいます。更に「せっかくキレイにしたつもりの頭皮で雑菌が繁殖」してしまう可能性も…!
髪の表面部分からではなく地肌に近い方から乾かしていく方が髪は傷みにくいです。表面部分は「洗い流さないトリートメント」や「ヘアケア用のオイル」をつけて髪を保護し、しっかり乾かしてから就寝して下さいね。

《一番のアドバイザーは…》

今まで書いてきた内容は「一般的に良いとされている方法」ですが人それぞれに髪質や状態は異なりますので、BESTな方法は「行きつけのヘアサロンの担当者の人に“日常のケアはどうしたらいい?”と聞いてしまう事」です!アナタの髪質や今の状態を知っているプロなので“最適なケア方法”を教えてくれるはずです。
その際に「サロン専用のヘアケア用品」を勧められる場合もありますがそういった商品は大抵高額…。でも今は「サロン専用用品」もネット通販で安く買えてしまうので“名前を覚えて後から通販で購入する”と言う手もあります。(美容関係従事者の方、すみません…)
お金よりも手間ひまかけて「ツヤフワ髪」をしっかり取り戻しましょう!

Rapis編集部

150,610 views

綺麗になりたい女性を応援するRapis編集部。 女性の知りたい、役に立つ情報をお届けします!

プロフィール

関連記事一覧